だっくんの穴党馬券

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミアムな一日に!

<<   作成日時 : 2008/12/28 09:29  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さぁ!有馬記念です。当てますよ!!

12/28 中山10R 有馬記念 (GT:芝2500m)
◎=Lダイワスカーレット
○=Eエアシェイディ
▲=Jドリームジャーニー
△=Iマツリダゴッホ
☆=Fアルナスライン
×=@カワカミプリンセス
×=Cエアジパング

今年、天皇賞⇒ジャパンカップ⇒有馬記念の王道路線を歩んだのはKアサクサキングスとMアドマイヤモナークの2頭のみ。距離適性により重きを置かれているだけに仕方がない部分もあるが少し寂しい気持ちも。
ただ天皇賞を使った組にとっては、あれだけのHペースの流れからの究極の消耗戦だっただけにJCではもうひとつ力を出し切れなかったという点も事実だろう。ましてそのJCでは全く違う能力の試される瞬発力が必要な展開。それだけに有馬記念との繋がりという点では疲労度は低いとしてもJC組は買い辛い。特にGスクリーンヒーローにとってはあれだけのパフォーマンスを東京で見せると、急坂のある中山コースは向かないように感じる。Hメイショウサムソンは中山向きの馬ではあると思うが、こと有馬記念で言えば過去2年で5、8着。状態が上がってきたようにも思えず、引退レースという部分で心の中だけで応援しておきたい。
従って中心はゆったりと休養を取った天皇賞からの直行組。当然中心はそのHペースを作り出して最後まで勝負を諦めない凄さを感じたLで間違いない。昨年の有馬記念で2着。連対率100%。そしてあの前走の走り。外枠、勝てば牝馬37年ぶりといった事もオマケにしか感じられない。持論、「逃げて勝ち切る馬が1番強い」。ディープインパクト以上という気持ちすらある。アタマ固定。
相手には穴馬を。その天皇賞でコンマ1秒差だったEは一旦ウオッカ、ディープスカイに置いていかれながらも再度差し返す強い内容。中山は今年1月にAJCC杯で初重賞を飾ったコースで対応力もある。7歳馬はこのレースでは実績高く相手筆頭。Jは左回りはもうひとつのようだ。振り返れば重賞を勝っているのは小回りコースか急坂のあるコースのいずれか。一瞬の爆発力をフルにいかす形になれば大外急追の場面も十分。単穴。
昨年の勝ち馬Iは今年も中山GUで2戦2勝。通算【7,1,1,1】の戦跡はもはや主。ただ出来という点では不安点も否めず、評価を少し下げた。なかなか結果の出ないFだが、持っているポテンシャルの高さはハンデがなければより弾けるものだと信じている。鞍上にペリエを迎え一変を期す。
あとはエリザベス女王杯の内容、牝馬の時代を考えれば@は外せず、前走ステイヤーズSを勝ち、夏にはGと差の無い競馬を見せたCも中山向きで3着付け。3連単20点で今年を締めたい。

3連単 L⇒EJIF⇒EJI@CF 1000

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プレミアムな一日に! だっくんの穴党馬券/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる